コラム/オステオパシーについて

しげむら整骨院コラム オステオパシーについて。

● コラム【オステオパシー】について。

■ 『オステオパシー』について。

オステオパシーとは、1874年にアンドリュー・テイラー・スティルというアメリカ人医師によって創始された自然医学です。
オステオパシーは解剖学、生理学、病理学などの基礎医学に基づく、確固たる科学的根拠のある手技療法であり、その大きな特徴は、人間の身体全体を一つの繋がったシステムとして捉える事で、身体の各部位、各器官は人間の生命を維持する為に全体として調和をとりながら強調して働いていると考えています。
したがって局所的な痛みやさまざまな症状がある場合でも、痛みや症状の原因が必ずしもその部位にあるとは考えず、身体全体を解剖学や生理学の知識にに基づいて診察し、痛みや症状を引き起こしている根本的な原因を探し出します。
現在オステオパシーはアメリカでは医学として公認されており医師として手術や投薬など全ての医療行為が許されています。


『オステオパシー』における基本的な4原則。

■ オステオパシーにおける基本的な4原則。

1.身体は一つの単位(ユニット)である。 一人の人間とは、身体、心、及び精神の単位である。
オステオパシーでは身体全体を一つの繋がったシステムとして捉え、筋骨格系だけではなく臓器や神経、血管、免疫系等あらゆる器官を調べ原因を探し出し施術していきます。
さらには身体だけではなく、その背景にある心や精神との繋がりや関わりを大切にしながら、一人の人間として尊重しそれぞれの働きを考慮しながら診療を行います。

2.身体は自己調節、自己治癒、健康維持能力を持っている。
スティル博士の『人の身体の内部には健康を維持する能力がある。もしこの能力を正しく認識し、正常に保つことができれば病気を予防することも治療することも可能である。』という考えに基づき、身体・心・精神は調和のとれた最適条件では、でき得る限り健康を維持し様々な環境や状況に適応し、そして治癒するように働くことができると考え自然治癒力を高めていきます。

3.構造と機能は相互に関与し合っている。
身体の構造(骨組みである筋骨格系や臓器や血管、様々な器官)が変化する事により機能(身体の働き-免疫系や循環系、神経系など)に影響を与え、反対に機能の変化により身体の構造が変化するというようにそれぞれが相互に関与し合っていると考えています。
構造または機能に働きかける事で、人体が再び調和を取り戻し健康な状態となるよう診察し施術を行います。

4.合理的な治療は「身体の調和」「自己調節」及び「構造と機能の相互関係」の基礎的原理に基づいている。
オステオパシーにおいて合理的な治療を行うためには上記の3つの基礎的原理を踏まえて行う必要があります。
病気とは身体の構造の異常とそれに続く生理的機能の不調和の結果であってその原因ではないのです。
対処療法ではなく身体全体を診て症状に対する根本的な原因をつきとめ治療し自然治癒力を高め、健康へ導く事が出来ます。

『オステオパシー』イメージ写真1。

『オステオパシー』の考え。

■ 『オステオパシー』の考え。

人間の身体は様々な器官が集まってできており、全体として一つのシステムを構成しています。
オステオパシーでは、身体のそれぞれの器官は単独で働いていると考えるのではなく身体全体を一つの繋がったシステムと捉え、各器官がお互いに協調し合い全体として調和を計りながら働いていると考えます。
物理的外傷(骨折や転倒、事故など)や様々な出来事による心理的外傷、日々の精神的なストレス、生活習慣(食生活や生活環境など)により、身体のシステムは影響を受けます。
その影響が身体の構造(骨格、臓器、神経、血管など)を捻らせ圧迫し収縮させていきます。
そして身体の働き(神経、血管、リンパの流れなど)が低下または停滞する事によって様々な器官への栄養供給が遮断され、自らを修復し回復するプロセス(自然治癒力)が妨げられてしまうのです。
その結果として病気や痛み等、様々な症状が引き起こされます。
そこでオステオパシーでは痛みや症状の原因が必ずしもその部分にあるとは考えず、身体全体を解剖学•生理学の知識に基づいて診察し、痛みや症状を引き起こしている根本的な原因(ねじれ、圧縮)を探し出します。
そしてその原因に対して、主に手技によって治療を行います。根本的な原因を取り除く事により身体が本来持っている自らを回復する力を引き出し、健康な状態へと導くのです。

『オステオパシー』イメージ写真2。

オステオパシーの施術料

■ オステオパシーの施術料

60分 7,000円
30分 4,000円

初回は問診、検査の為60分での施術をお願い致します。

オステオパシーイメージ写真3。

コラム一覧に戻る

ページトップへ戻る